壁紙

リフォームは自分でできる?メリットやデメリット・注意事項までを解説!

リフォームは自分でできる?メリットやデメリット・注意事項までを解説!

これからリフォームを検討した場合、なんとか自分で材料の調達から施工までできないかと考えてしまうものです。

なぜなら、少しでも費用を少なくしたいからです。

しかし、リフォーム内容によっては専門性が非常に高いですし、場合によっては大きなケガや事故につながります。

そこで今回は、リフォームは自分でできるのかどうかについてお話ししますので、参考にしてみてください。

リフォームは自分でできるの?

最近はYouTubeなどの影響もありDIYが流行しているため、リフォームも自分でできないものかと考えてしまうものです。

リフォームの内容によっては自分でできますが、やはりプロに任せるべきだと言えます。

その理由は、リフォームに失敗して余計にお金がかかるからです。

専門性の高いリフォームであればあるほど、失敗をして結局リフォーム会社にお願いしたということが後を絶ちません。

人にもよりますが、見た目にこだわらないのであれば、家具の塗装やドアノブの交換くらいであれば自分でもできるかもしれません。

またフロアマットや庭の人工芝の交換くらいであれば、そこまで難しくないでしょう。

それ以外は、お金がかかってもプロに任せるべきです。

リフォームを自分でするメリット

費用を安くできる

 

リフォームの最大のメリットは、費用を限りなく安くできることではないでしょうか。

基本的には材料や工具の費用だけで済みますので、もっとも安くできる方法です。

しかし、リフォームで失敗する可能性は高くなるため、最終的にリフォーム会社にお願いすることになります。

結果、購入した材料や工具、プラスでリフォーム会社の費用がかかってくるためリスクは大いにあります。

リフォームに詳しくなれる

リフォームを実際に経験すれば、それだけ知識がついてくるものです。

これは失敗しても成功してもどちらでも同じことが言えます。

仮に失敗した場合でも、こうすれば失敗するのか、という知識が得られます。

またリフォームがうまくいけば、将来的に同じ作業が必要になっても難なくこなせられます。

ただし、間違った方法や知識でリフォームを覚えてしまう可能性が高いです。

自由にできる

自分でリフォームをする場合は、とくに制限はないため自由にできるというメリットがあります。

ただし、大規模なリフォームは注意するべきです。

例えば資格が必要なものや高所作業、建物の構造をかえるリフォームはやってはいけません。

今日すぐにできる

リフォームの種類にもよりますが、リフォーム会社にお願いをしても今日に対応してくれるわけではありません。

ですが材料や工具さえあれば、今日すぐにでも自分でリフォームができてしまいます。

ですが、すでに材料や工具がそろっている、というのはレアなケースではないでしょうか。

家族から頼られる

家族がいる場合のDIYの担当者といえば、男性が多いのではないでしょうか。

リフォーム会社に頼らず自分で対処すれば、きっと家族からの評判は高くなります。

また、材料費だけで済むため、余計な出費が減り大変喜ばれます。

DIYに慣れていないと失敗することもあるため、場合によっては家族とトラブルにつながる可能性があります。

リフォームを自分でするデメリット

リフォームを自分でするデメリットはいくつかあります。

種類や難易度にもよりますが、リフォームを自分ですると失敗というデメリットがあります。

リフォームを失敗すると、見栄えが悪くなったり、使用できなくなったりして余計に修復できなくなります。

結果、リフォーム会社にお願いしたとしても、失敗した分の修正も考慮し費用が高くなることも考えられます。

また、リフォームの内容によってはケガや大きな事故につながることもあります。

費用を安くしたいという気持ちだけで動いてしまうと、後悔してもしきれないほどの事故やトラブルにつながります。

どうしても自分でリフォームをしたいのであれば、確実に安全で簡単なものだけを選ぶようにしましょう。

自分で絶対にやってはいけないリフォーム

リフォーム会社に相談するくらいなら自分で、とお考えかもしれませんが、自分でやってはいけないリフォームがあります。

例えば、電気配線や、敷地に車庫を作る、設備や機器の設置などさまざまです。

電気に関連する工事はそもそも資格が必須となっているため、DIYは絶対にしてはいけません。

敷地内に車庫等を作りたい場合も、法律に関わってくるため注意が必要です。

また、外壁や屋根塗装などの高所作業は、大きなケガや事故につながるため自分でやってはいけません。

自分でリフォームできる範囲はかなり狭いので、できるだけプロのリフォーム会社に相談するようにしましょう。

まとめ

少しでも費用を安くしたいと考え、自分でリフォームをしてみたいとお考えの人は多いはずです。

リフォームによっては専門知識や資格が必要になってくるため、むやみに手をだすべきではありません。

費用を安くしたいがために、ケガや事故につながったりリフォーム会社にお願いをして余計に高くつくことが考えられるからです。

少しでも心配でしたら、素直にリフォーム会社に相談されることをおすすめします。

コラム一覧